07月19日、本日の寄り付き直前レポート

株相場
( 閲覧15 )

<19日の注目材料>

【好材料】  ────────────

■エムビーエス <1401> [東証M]

発行済み株式数(自社株を除く)の1.29%にあたる10万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月19日から22年5月20日まで。

■シード平和 <1739> [JQG]

前期経常を28%上方修正・3期ぶり最高益、配当も3円増額。

■CDS <2169>

上期経常を一転10%増益に上方修正。

■ゲンダイエージェンシー <2411> [JQ]

4-6月期(1Q)経常は黒字浮上で着地。また、発行済み株式数(自社株を除く)の9.97%にあたる150万株(金額で4億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。

■ファーマフーズ <2929>

ロート製薬 <4527> と資本業務提携。高付加価値の新規育毛剤、機能性食品、スキンケア製品の共同開発などを行う。

■ネットマーケティング <6175>

前期経常を48%上方修正。

【悪材料】  ────────────

■オンコセラピー・サイエンス <4564> [東証M]

塩野義製薬 <4507> にライセンスアウトしているがん特異的ペプチドワクチン「S-588410」の食道がんを対象とした第3相臨床試験が完了。解析の結果、主要評価項目に統計的な有意差は認められなかった。